teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:8/123 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ノエリン・フィリップス先生の為にお祈りください。

 投稿者:masaya-sama  投稿日:2006年 7月11日(火)22時51分45秒 203-165-72-227.rev.home.ne.jp
  通報 返信・引用
  日曜日に、実家から知らせがありました。

それは、私達夫婦の結婚式の司式をして下さり、また家内に洗礼を授けて下さった、ニュージーランド人の宣教師、ノエリン・フリップス先生が病の中にあるとの事でした。

ノエリン先生は、20年以上北海道の伝道に携わり、その後、シンガポールの教会から藤沢の開拓へと再び日本に来られました。私が23~4歳頃に出会い、賛美をすることの楽しさを教えて頂きました。また、色々なコードも教わりました。家内もキーボードの奏法等も教えて頂きました。
それだけではなく、本当の優しさ・人に対する心使い、外人なのに日本の心を知っている先生に教わる事は大変多かったです。

7年ほど前になるでしょうか、日本での宣教を終え、お父さんの看病へとニュージーランドへ戻られました。
10年間子供が与えられず、苦しんだ家内の事を一番理解してくれたのもノエリン先生でした。泣くものと共に泣き、喜ぶものと共に喜んでくれました。だからこそ、奏が与えられた事を心から喜んでくれました。

奏が1歳の時と、昨年、来日しその度に会う事が出来たことはこの上ない感謝でしたね。

そんな、先生は今、癌に侵されています。足に皮膚癌が出来た様なので、精密検査をしたところ、それは肺癌が原因で、転移して出来たものだったそうです。足の皮膚がんの手術を25日に行うそうなんですが・・・。
肺の方は、どうしようもないそうなんです。
医者からは、余命・・・3ヶ月と診断されたそうなんです。
なんてこった!!何故?・・・耳を疑いました。
今直ぐにでもニュージーランドへ行きたい気持ちでいっぱいです。胸が・・・張り裂けそうです。家内も同じ気持ち・・・いや私以上に辛くなっています。

先生は今、この聖句で励まされ平安のうちにいるそうです。

「私は今や注ぎの供え物となります。私が世を去る時はすでに来ました。
私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。
今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現われを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。」

新約聖書 テモテへの手紙 第二 4章6節~8節


今私達に出来る事、それは祈ることです。
主が最善を尽くし、彼女に平安を与え、全ての痛み・苦しみから解放して下さることを信じています。

そして、できる事ならば・・・
もう一度、もう一度・・・会いたいです。
あの優しい笑顔、流暢な日本語、あ~~~主よ、奇跡を起こしてください。

泣いてはいけないと思いつつ、ついつい涙が出てしまいます。

どうか、皆さん、お祈りください。
お願いします。
お祈りください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/123 《前のページ | 次のページ》
/123