teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:春名 英喜  投稿日:2008年 8月12日(火)01時46分43秒
返信・引用
  馬鹿か。そんなことしなくていい。と言うかするな。(見せつける、ということを示すように情事の色が残っている肌の上を相手の指先が滑る。痕の残った肌の上は常より敏感になりそのくすぐったさに小さく肩を震わせれば、首筋から鎖骨へとおちてゆく相手の掌。少しだけ間隔をあけ胸へと其の掌は落ちてくる。相手の掌の温度の心地よさに目を細めながら、悪戯を仕掛ける子供のような笑みに何を考えているんだ、と思いながら眉を下げれば、馬鹿か、と軽く相手の頭を叩き次いだ言葉に頬に朱がさすのを感じながらそんなことはしなくても良いと首を横に振り。もう片方の掌が顔に伸びてくれば条件反射で思わず目を瞑るも、指が唇をなでるように触れれば驚きに何度か瞬いて。業と外すようにして唇の端の方へと柔らかい口付けが降ってくる。うまく唇を外す口付けに焦れ、思わず眉間に僅かな皺を寄せれば軽く唇を尖らし。)葵壱…。(いい加減にしろ、というように相手の名を呼べば仕方がないので自身から口づけることにして。軽く唇をふれさせれば直後離しその気まずさに視線を彷徨わせ)
…。(相手が優しい手つきで背中を撫でれば送られ続ける安堵感。相手に身を任せていれば息が耳元にかかるほどの距離で伝えられるくさい台詞。耳にかかる息は敏感な耳にくすぐったく感じられ、思わず相手が言葉を告げた方の耳に触れ。くさいと思われるその台詞にどうやら自身の強がりにも気づいてくれた様子の相手。よかった、と思っていれば直後我ながらくさい台詞だ笑いだす相手。思わず自身も釣られるように笑えば確かにと頷いて)ちょっと…いや、かなり。今のはくさかった。。
 
 

(無題)

 投稿者:早川 葵壱  投稿日:2008年 8月11日(月)23時58分0秒
返信・引用
  良いじゃん、見せ付けて遣れよ…。何なら、「葵壱のもの」とでも描いてやろうか?勿論、キスマークで。俺、美術の成績は良い方なんだよね。
(自分で付けた跡を人差し指と中指でなぞれば、まだ情事の色が残っている相手の肌にそろりと触れる様に相手の反応を伺い。殴られてもいいや、等と思いつつも体温が常に高めの自身の掌を相手の首筋を辿り鎖骨の辺りまで滑らせれば、少しだけ自分と相手の間に隙間を作り、掌を其の侭胸元へと。顎を少し引けば、目線だけを相手の瞳へと向け、悪戯をする様な子供の目付きでにこりと笑んで見せて。もう片方の掌、人差し指で相手の唇をぷに、と撫でる様に触れば少し体を逸らし、業と外したように相手の唇の端の方へと唇を導いて。相手からのキスを願っているのか、其れからのキスは上手く唇を外しているはずで。)
してるよ。…俺は何処にも行かない、英喜の傍に居る。……何か、くっさい台詞で笑えるけどね。
(自分に体を預けてくれる相手に内心安堵しつつも、優しく相手の背中をなで続けて。吐息交じりの低い声で囁くような言葉を、相手にちゃんと聞かせるように耳元まで唇を持って行き、域が相手の耳に掛かるのではないか、と云う距離から告げて。言った後直ぐ、俯いたかと思えば自分でもこんなにクサイ台詞が言えるのだな、とくすくす笑って)
 

(無題)

 投稿者:春名 英喜  投稿日:2008年 8月 3日(日)14時52分1秒
返信・引用
  (音が漏れているのではないかと思うほどに高鳴っていると唇に残った感触は確かに深く口づけた後の余韻。ぼう、っとするように余韻に浸っていれば突然自身の首筋に小さな痛みが走り。思わず微かに眉を歪めるも決して不快ではないそれはどうやら相手が自身の首筋に後をつけた様子。気付かぬうちに小さく鼻をならしていて。腕は相手の首へと導かれ、腕を首に回せという相手の言葉とその行動に驚きながらもおずおずと腕を相手の首へと巻きつければ肩口へ軽く額を寄せて)こんな目立つ所につけるな。痕。見えたらどうするんだ。(こんな、と先程つけられた後のことを言いながらも、それはやはり照れ隠しでしかなく、声に怒気はなくて。頬に朱がさすことを感じながらも相手に腕を巻きつけた状態でいれば自身はどうすればよいだろうか、と相手の様子を窺い)
…、別にしてないだろ(言ったしまった後にすぐに後悔に見舞われる。図星をつかれた後それに強がって返してしまった言葉に、相手が強がりだと気づいてくれれば良い、と思いながらも胸の中に収められてしまえば相手の胸から聞こえる心音。その心地よさと愛しさに小さく笑みながらも子どもを宥めるように背中を撫でられれば知らず知らずのうちに入っていた肩の力を抜いて)

(PL:いえいえいえいえ!大丈夫です、一年じゃないんで!/…/いやいや、夏休みはご多忙かと思われます^^;仕方なのないことです><あうあう、英喜君のキャラがちょっと、というかかなりかわってたら申し訳ありません><)
 

(無題)

 投稿者:早川 葵壱  投稿日:2008年 8月 3日(日)12時33分29秒
返信・引用
  …、ん…英喜、腕……回して、俺の首。
(深い口付けの余韻か、自分の体の中枢にある心臓は動きを早めていて。荒くなった息を整えてから同じく余韻に浸っているであろう相手の首筋に一度強く吸い付き、自分の物だという証拠の跡を付けてから相手の腕を引っ張り、自分の首へと導く。相手は驚くであろな、そう想像しつつも口元には穏やかな笑みを浮かべ)
―…、そんなに悲しそうにしないでよ…。
(相手の言葉を聞けば、自身も悲しそうに顔を歪めつつ相手の細い手首をくん、と引っ張り自分の胸の中に収める。自分の心音を相手に聞かせるように凭れ掛けさせてやれば、ぽんぽん、と子供を宥めるように背中をなでて)

(PL:も、…もう、何と云うか…、謝りきれない、です。本当にすみません…2ヶ月も放置……ほ、ほ、ほほほほ、本当に申し訳有りません!!!!!!何とでも言ってやって下さいorz)
 

(無題)

 投稿者:春名 英喜  投稿日:2008年 6月30日(月)17時27分6秒
返信・引用
  …っ、ん…っふ…、ん…っあ…。(随分と霞んで見える視界に不安を覚えながらも、相手の首に巻きつけている腕によってそれは薄れて。不安からなのかそれとも深い口付けのためなのか、きつく腕を巻きつけそうになるのを抑えながらも相手から与えられる口付けに答えようとすればやはり強まってしまい、仕方なく肩へとその手をおろし。相手から与えられるそれに懸命に答えれば水音と共に離れた唇を名残惜しく思いながら、触れられている目元が熱くなるのを感じつつ問われた相手の言葉に苦笑いを浮かべて。)それは…目が悪くなければ俺は眼鏡なんてかけないぞ?…、葵壱の顔も霞んでしか見えないんだ。(相手の問いに当たり前のことだという口調で返せば付け加えるように言った言葉には少しの寂しさが滲んでしまい。言った後で自身の言葉に呆れた表情を浮かべて。)

(PL:おおおおおお、お、お久、お久しぶりです!!笑 いえいえ。この程度の待つくらいならば待っていられますよ!…さ、流石に一年放置は辛いんですg/蹴/ゆっくりで良いのできていただければそれでいいですよ^^vVわわ、もう謝らないでください^^;全然大丈夫ですのでお仕事頑張ってください!v)
 

(無題)

 投稿者:早川 葵壱  投稿日:2008年 6月29日(日)21時26分10秒
返信・引用
  ―ん、っ…ふ、…っ、ね、英喜って目、悪いの?
(いつも相手が眼鏡を掛けている事を思い出せば、相手の眼鏡を見遣りつつ接吻と云う行為に没頭していけば、ちゅ、と水音を立てて唇を離して。首を傾げれば相手の頬に手を寄せ、目尻に親指を当てれば問い掛けて)

(PL:おおおおおお久し振りで御座います!!!;本当、こんな馬鹿を待ってくださるとは思って居なかったので、お待ちしておりますの言葉に何度救われた事か…!(ちょっと/まだ仕事は忙しいので、中々来れないと思いますが今までよりは顔を出せるようになると思いますので!本当に申し訳ないですorz/トピックのほうも、任せきりで申し訳御座いませんorz)
 

(無題)

 投稿者:春名 英喜  投稿日:2008年 6月20日(金)19時21分2秒
返信・引用
  (PL:ぬおわ、こちらも返信がおくれ…^^;ほわわわ、それは大丈夫なのでしょうかΣ それはお忙しいですね^^;頑張ってくださいvVお待ちしておりますよ^^)  

(無題)

 投稿者:早川 葵壱  投稿日:2008年 6月20日(金)16時59分58秒
返信・引用
  (PL:すみません、本体のみです;今ちょっと生徒会の仕事が立て込んでいまして……これ、今学校のPCから書き込みしてます;多分仕事が一段落着くのは来週辺りかと…orz遅れた上にこんな書き込みで申し訳ありません!orz)  

(無題)

 投稿者:春名 英喜  投稿日:2008年 6月15日(日)01時49分0秒
返信・引用
  (目尻を下げて笑みを浮かべ、眼鏡をはずし、顔を近づけてくる相手に自身も眼鏡を外した方が良いのではないかと眼鏡を外せば顔中に唇を落とされ、くすぐったさに軽く目を瞑って。唐突に愛していると囁かれ深い口づけを受け小さく息を漏らし、頬を紅潮させながら抱きしめている腕の強まったことに気づきだらりと下げていた手を恐る恐る相手の首に腕を回して)  

(無題)

 投稿者:早川 葵壱  投稿日:2008年 6月15日(日)01時34分19秒
返信・引用
  英喜…、まじで愛してる。
(に、と目尻を下げて笑えば掛けていた眼鏡を外し、顔を近づければ微笑みながら相手の顔中に唇を落としながら愛してると囁きかければ唇に深く口付けて。相手の抱き締めている腕の力を強めれば相手の髪を梳いてやって)
 

レンタル掲示板
/16