teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/151 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:早川 葵壱  投稿日:2008年 9月11日(木)20時38分15秒
  通報 返信・引用
  ん、ふ、…っは、…英喜…英喜…。
(もう待てないと言わんばかりに相手の口内を荒々しく貪った後、相手の口の端から飲み込み切れ無かった互いの交じり合った唾液が零れている。勿体無いと其れを自身が想像しているより熱い舌で拭う。其の舌と唇を段々下へとずらし、首筋にまだ色濃く残る前の情事の跡、自分の物だと云う証拠のキスマークの上からまたキスマークを。ぢゅ、と音が立つ程強く吸う。相手の首は甘い匂いがする様な気がする。逆上せそうな頭を理性で冷やす様に落ち着かせ、相手が身に付けている衣服を丁寧に、だが手は忙しそうに剥がして行く。すると現れたのは首筋同様に情事の色が色濃く残る白い肌。其処にある突起に指を遣れば、ぎゅ、と摘む様に弄ってみて。ちゅ、と弄っている突起に唇を落してみせる。嗚呼、綺麗だ。そううっとりと相手の艶姿を見ながら行為を続け。)
考えてくれないの?俺は、四六時中…ううん、何があってもずうっと、英喜の事考えてるのに。
(苦笑を浮べる相手に、自分の案は駄目であっただろうかと首を傾げる。自分は常に相手の事を想っている。其の事を告げれば、相手は必ず少し照れて言葉を返すだろう。其の事を少し楽しみにしながら相手を見詰める事を止めず。先程自分の方に伸びてきた相手の手は直ぐに降ろされてしまい、何なのだろうかと疑問に思い、問はしなかったが首を深く傾げて見せて。)

(PL:北海道ですよー!北海道は広いd(ry←/そ、其方は…?/おい/でも前の小学校二つも3期制だったので少し二期制が羨ましい…/Σ∵/もうデブでデブで…デブのくせにぺったんこ…(胸を見て)←)
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/151 《前のページ | 次のページ》
/151