teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:28/116 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

paris いよいよ帰らなくっちゃ・ Ⅱ

 投稿者:フナハシ  投稿日:2010年 1月16日(土)12時58分46秒
  通報 返信・引用
  という分けで、アンダルシア旅行記は終わったけど、おまけでパリのことを少し追加します。

何処へ行こうか?とりあえずサクレ・クレール寺院をめざしてモンマルトルの坂道を登っていく。サクレ・クレール寺院の近くまで来ると、さすが多くの観光客が来ている。
「サクレ・クレール寺院」といえば映画「アメリ」。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA
まずはアメリ探索と決めて、例のサクレ・クレール寺院の「ニノの置き忘れた証明写真コレクション」を込入った渡し方のシーンの場所を探索する。アメリが眺めていただろうサクレ・クレール寺院からの景色は変わってない(だだ電話ボックスはなかったが)。次はコリニョンの八百屋。ここは地球の歩き方に簡単な地図しか載ってなく、数人の人に尋ねてやっと分かった。その次はアメリが働いていたカフェ。ここはコリニョンの八百屋で場所を教えてもらってすぐに分かった。大通りにあるムーランルージュのすぐの角をモンマルトル方面に上ったすぐ近くだった。やはりここは人気があるようで、「アメリ」目当ての観光客が多い。ぼくもここで例のカウンターを観察できる窓側の席でエスプレッソを飲んだ。
エコール・ド・パリの有名な画家たちが暮らしていたという「洗濯船」に行く。このアパルトマンはすでに無くなっていて、その場所に資料の展示のみあった。ここの道を若きピカソなどが歩いていたんだ・と思わず感慨にふけっていた。「洗濯船」はサクレ・クレールからピガール(ムーランルージュ)に下る途中にある。
 
 
》記事一覧表示

新着順:28/116 《前のページ | 次のページ》
/116