teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:63/116 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アヒョンでアヒョーーン!とワシらも考えた・

 投稿者:フナハシ  投稿日:2009年 7月18日(土)22時22分24秒
  通報 返信・引用 編集済
  韓国ソウルに行った。


ドキュメンタリー映画を撮っているチェ・セヨンさんが、ぼくの絵にとても感銘してくれて、「フナハシソンセンニム、ぜひアヒョンに行ってください。この世界がありますよ。行くなら今のうちですよ」と薦めてくれた。
地下鉄のアヒョン駅で降り、細い道の両側に軒を連ねた商店街のアジュマを冷やかしながら、ずっと登り道を上がって行くと正にぼくの絵に出てくる景色があった。
彼の言うとおり、家が生き物になって増殖しているような建築がそこら中にある。
写真も撮るのを忘れて、ぶらぶら歩いて上まで上がって気がついた。
何と!もう一方の斜面にあった建物が壊されて2メートルほどのコンクリートの塀で囲われていて、塀は下の方まで続いている。アヒョーーーン!!!。It's too late!
開発の波が押し寄せているのだ。
まるで、イスラエルの分断の壁か旧東西ドイツを分断していた壁のように・・
とてもサディスティックな光景!
ここは、ぜひ残してほしいところだと思った。

世界遺産のことも考えた。水原の城壁も世界遺産に登録されているのだが、その城壁も含めた環境ということを考えずに、そのものずばり城壁に手をいれてきれいに色を塗ったり、遊歩道の整備をすることに金を使っている。全く魅力を失ってしまってる。
これは、同じく世界遺産に登録された、糺の森にも言えるが
金のかけかたが間違っているように思う。
残念なことに、結局、台無しにしてしまっただけのようだ。
god damn !!
 
 
》記事一覧表示

新着順:63/116 《前のページ | 次のページ》
/116