teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/380 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

歳時記

 投稿者:走る俳人  投稿日:2008年 6月 8日(日)17時37分45秒
  通報
  乱◎兄さんが書いておられた小学館の雑誌、新緑の特集?の分まで立ち読みしましたが購入しませんでした。雑誌としてはコンセプトもはっきりしてるしそれなりに面白いとは思ったのですが…。何故でしょうね?私が今俳句それ自体より、俳句のキモと言ってもいい季語についての興味・関心が強いのですよ。で、その中でも、例えばこないだまで凝っていた「山笑ふ」だとか、他にも「山眠る」「行く春」「暮れの春」等々…、写真でこれだ!っていう感じのものではなく、いってみれば観念的な季語に興味が向いているからかもしれません。そんな観念的な言葉を紡ぎ出した先人たちの感覚を追っかけてみたいなあと思ってるんですよ。  
 
》記事一覧表示

新着順:9/380 《前のページ | 次のページ》
/380