teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:13/229 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:CHOCO  投稿日:2018年 8月28日(火)23時49分49秒
  通報
  「ナイツテイル」やっと行けました。「当日券にチャレンジしてみるか。」と思ってた日のチケットを譲っていただけることになり、2公演観劇できました。ありがたや。
 帝劇前で待ち合わせして、「初めまして」とご挨拶しようとしたら知り合いだったという。世の中狭いね。

 とても楽しいミュージカルでした。アンサンブルの方々をはじめ、それぞれのキャストの見せ場がちゃんと考えられていて、しかも見応えがあった。オープニングの不思議な響きのコーラスも好きでした。
 帰ってからも色々な歌がランダムに頭の中を流れていたので、どれもすっと入ってくる曲達ばかりだったんだろうなあ。サントラがほしい。

 この「ナイツテイル」関連で、SMGOが3回も更新されるという異例の事態。しかも、ご本人の解説付き。オープニングの歌をちゃんと聴けとのことだったので、ちゃんと聴いたつもりだったけど、ちょっとよくわからなかった。(^_^;)
 1回目の観劇後、プログラムの歌詞を読んで、「二人の貴公子」のものすごくざっくりとしたあらすじをも一回読んで、さらにまたSMGOを読んでから、2回目を観劇して「あ~、なるほど。」と納得。でもたしかにここの部分がわかると、その後の回りくどいと感じた台詞も、微妙なニュアンスの違いとか感じ取れて、1回目の時よりはすんなりと耳に入ってきました。

 「ちょっと軽いものに感じる」・・・エンタテインメント全般に対する日本人の意識にも言えるんじゃないのかなあ。メジャーに行く前のイチローさんもそんなことをおっしゃっていた気がする。でも、その意識も昔よりは変わってきたんじゃないのかな?(少しは)
特に良質なものなら、その良さはきっと伝わっていると思います。

 今までと違うフィールドに飛び込んで、それはかなりの冒険だったと思うけれど、たくさんの刺激を受けて、たくさんの発見があって、本当に充実した日々だったんだろうなあというのがよく伝わってきた舞台でした。

 帝劇での公演は明日を残すのみですが、まだ大阪がありますね。私が観劇するのはまだまだ先ですが、楽しみにしたいと思います。(*^。^*)
 
 
》記事一覧表示

新着順:13/229 《前のページ | 次のページ》
/229