teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年10月15日(火)23時00分34秒
  台風19号。警告はされていたけれど、できる限りの自衛の手段を講じていたと思うのだけれど、それ以上のことが起こるのが天災なのだなあと痛感しました。
今日テレビを見ていたら、以前被災された方から「公的支援を受けるには時間がかかるが、義援金はすぐに振り込まれてとても助かった。」というメッセージが寄せられていました。大した金額ではないけれど、寄付なら私にもできるなあと思ったところでした。

10日の生放送は楽しかったですね。NHKの放送はすごく楽しい回となんとなく微妙にかみ合ってない回がありますが(コジンノカンソーデス)、文化放送はホームだからでしょうか?いつものゆるゆる自由な放送でした。
よっぱらいこぉちゃん、もう5年前か!それにびっくりだよ。光一さんって、酔ってもあんまり変わらないのかな?と思っていたので、あんなに自由になるのかと新鮮だったのと、自由すぎて非常に面白かったのと、自由すぎる光一さんに困ってるような面白がってるような剛さんがとてもチャーミングだったので、私もこの回は大好きです。今回もまた涙が出るくらい大笑いしましたが、滅多にないから人気があるんだろうな。

生放送は、本人たちからのメッセージが直接聞けるので、シングル・アルバム・コンサートに関して何らかの話が聞けるのではないかと期待するのは、当然の事ではないかと私は思います。最後の最後、光一さんのぶっこみがなければ(剛さんも止めなかったので、かまわないと思ってたのかな?)、ラジオの楽しさもちょっと減ってたと思うのですよ。22日以降に発表する準備を進めていたのかもしれないけれど、そこでお知らせがきても、確かにうれしいけれど、「ここでお知らせ来るなら、なんであの放送で言ってくれなかったの?」となっていたのではないかなあと個人的には考えます。タイミングって本当に大切なんだということをスタッフの方々にはわかっていただきたい。
だいたい、KinKiごとの発表ってどうしていつも遅いのかなあ?と常々思ってます。他のグループの日程がどんどん発表されていく中、「ここだけ空白のままだからたぶんコンサートくるならこのあたり。」と予想をつけてドキドキしながら待ってるKinKiファン、健気。(ノ_-。)
でも翌日すぐにメールで「コンサートやるよ。詳しくは22日以降まで待っててね。」とお知らせを届けてくれたので、楽しみに待つことにします。ホテルも飛行機も予約したので、あとはチケットの当選を祈るのみ!(←ここが一番大事!)SMGOもありがとう。
 
 

(無題)

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年10月 5日(土)08時46分36秒
  もう一つあった。
2幕の始まりは、一瞬で1幕終わりの感情に引き戻された。
ラスト2公演、カンパニー全員が最後まで駆け抜けられますように!
 

ラスト2公演

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年10月 4日(金)23時09分17秒
  SHOCK@梅芸もあと2公演となりました。前楽と楽が同じ日って今まであったのかな??

梅芸さんとはこれまであまりご縁がなかったのでどうかなあと心配していましたが、無事に観劇できました。(アリガタヤ)
今回、時間が過ぎるのがとっても早かった・・・と帝劇の時にも思ったのかもしれないけれど(ドーモキオクガアイマイデナ)、「このシーンてことはもうすぐ一幕終わる。」「うわ、このシーンきたらもうすぐ2幕終わる」という感じであっという間に時間が過ぎた感じがしました。あと、色々なシーンで「そうか、まさるさん・・・(サビシイナ)」とも思いました。

 梅芸が当たるといいなあと思った理由の一つは優馬君のライバル役をもう一度観たかったから。
とっても良かった。特に告白のシーンは、彼の感情の変化がすごくこちらに伝わってきた。ただ不思議だったのは、今回2階席と1階席で観ましたが、1階席の時には全く感じられなかったのに、2階席の時には時々「棒立ち」のように感じられたシーンがありました。あれはどうしてだったのかな?(・・?)

 コウイチが戻ってきたのは、まだ完成したとは言えない自分のショーへの思いもあるだろうけれど、すっかり殻に閉じこもってしまったユーマや前に進めていないカンパニーの気持ちを解き放し、前に進ませるためなのかなあと、2幕の「Don’t Look Back」のコウイチのパートを聴くたびに思います。
 「これからあのカンパニーには、色々な現実が待ち受けているだろうし、コウイチがいないという喪失感とも向き合うことになるんだなあ。でも、それも全部受け入れて前に進んでいくしかないんだよなあ。これもある意味 Show must go onなのかな。」と大阪から帰ってぼんやりと考えてしまった今回の観劇でした。

 これまた帰ってから見た「激レアさん」ですが、この番組は時々しか見ないけど最後は「現在はこういう状況です」っていうのをちゃんと知らせてくれてた気がするんですけどねえ。だからふぉ~ゆ~も、今の活躍している状況もちゃんと伝えてほしかったなあと、そこは残念でした。彼らを見てると、今までの経験をちゃんと意味あるものにしているというか、「絶対意味あるものにしてみせる」という強い意志が感じられて気持ちがいい。
 で、今日は「ジャニーズッス」で「Travis Japan」が紹介されてびっくり。ありがとう、青木さん!!テレビつけててよかった。最近ゆーちゅーぶで彼らの番組?を見てますが、彼らもとっても前向きに取り組んでて、これも見てて気持ちがいい。このがんばりが、素敵な未来につながってほしいと願っています。
 

祝!

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年 9月12日(木)15時59分34秒
  「Duo」のCMは、二人の笑顔がうそっぽくてとても気に入ってます。( *´Д`*)カワユス

SHOCKの幕が無事に上がりましたね。演者の方々のツィートを読むと「いよいよ始まったか」とこちらの背筋も伸びます。明日からは剛さんのライヴも始まるのですね。どちらも素敵な空間になりますように!
そして、台風がこれ以上日本に近づきませんように!!!(>人<)
 

祝!22!

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年 7月21日(日)23時31分51秒
  今日は久しぶりにベスト盤を聴きました。これが発売されるとわかった時は「今の二人の歌声で聴きたい。」と思いましたが、今日は「当時の歌声も、その時の彼らを思い出していいかもね。」と思いながら聴きました。
 22年、その間、色々と思うこともあったけど、この前の「音楽の日」で並んで歌う2人の姿をみて「やっぱ2人はいいね。」と思ったので、ここまで2人で同じ道を歩んできてくれたことに感謝です。
 そして、そろそろ新曲が聴きたいです。アルバムもね。(*^。^*)
 

祝!

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年 3月31日(日)21時20分26秒
  今年のSHOCK@帝劇も無事に千秋楽を迎えましたね。(越岡さん、残念でしたが筋力大事)
びばりオーナーは相変わらず華やかで存在感が半端なかった。2幕の「Don’t ・・・」はリカのパートが特に好きでした。トラジャの3人はコンサートで「One Day」を歌ったのですね。聴いてみたいなあ。この前「LOCK LOCK」をネットで見ましたが、あの曲好きだなあ。ダンスもすごくカッコよかった。ふぉーゆーもネット配信があるといいのに。舞台決定のニュースを見るたびにうれしく思っていますが、なかなか・・・博多座ではもうやってくれないのかな。「Memory of ・・・」は最後近く、シルエットのダンサーさん達と光一さんの図が絵画のようでとても素敵でした。SHOCKは1枚の美しい絵として切り取れるシーンがとても多いなあと思います。ダンサーさん達が同じ姿勢をずーっと保っているのも凄いなあと思って観ておりました。
 今年は、オケピができたり、中心で直さんと日野さんが太鼓叩いてたりと昨年より動きに制限があったのでは?と思うのだけれど、刀が宙を飛んでるし、相変わらずの激しい殺陣でした。光一さんの「どけえ!」を聞くと、「昔、背中に『どけえ』という文字の入ったTシャツ着たスタッフさんいたよなあ。」と思い出します。その頃ちょうど「光一さんからあんな言葉が出るとはなあ。」と思ってたので、そのTシャツみて「ナカ━━(´・ω・`) 人(´・ω・`)━━マ!!」って感じになった。今だったら「つづけろ~!!」かな?
 今年ももったいないなあと残念に思ったのは、「MASK」のコーラス。サイドで聴いてもセンターで聴いてもビリビリとした響きだった。声量?音量?他の歌のシーンではバックの音がシンプルだけれど、ここは演奏が勇壮だものなあ。どうしてもそれに負けないようにとなってしまうってことかな?ちゃんとした響きで聴いてみたい。

 この前2005年のSHOCKのDVDを観ました。今とあまりにも違っていてびっくりした。説明的なセリフもすごく多かったし、バイトねえ、確かに小劇場の収入だけじゃやってけないだろうけどねって感じではあったけれど、このままの設定でずっとやっていたらだんだんと苦しくなっていったかもなあとも思いました。このSHOCKを観て、そして今のSHOCKを考えた時に「ブラッシュ アップ」という言葉がすとんと胸に落ちた。9月のSHOCKがとても楽しみ。チケット、当たりますように!!☆彡 *.:*:.。.: (人 *) 願い事願い事...(サイゴハ イツモ ソレ)
 

(無題)

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年 3月 6日(水)13時41分1秒
  3月となり、SHOCKも折り返したのですね。今年のSHOCKは変更点が多く、自分の頭の中にあったSHOCKデータの入れ替え作業が大変でしたが、全体にそれぞれの感情がよくわかるようになったなあと思いました。事故後の罪の意識に苦しむウチの気持ちがより丁寧に描かれていて、告白の場面がより胸に迫ってきた。
 セリフが歌に変わったシーンも増えました。「ここ、セリフのままでよかったのでは?」とか「そこのメロディは本当にそれで合っているの?」と思ったシーンもありましたが、「Missing Heart」の唐突感はなくなったかな。この曲と、「Don’t Look Back」も英語の歌詞が日本語の歌詞に変わって、すれ違う二人の気持ちがよりこちらに伝わるようになったと思いました。
 彩佳リカに感じたのは「一途さ」と「ひたむきさ」。公演を重ねるにつれてより深くリカの気持ちに入り込んでいくんだろうな。
 11月のSONGSの「DOB」。寺西君の表情にびっくり。ダンスにも余裕出てきたなあとこの前の観劇でも思いました。ただ、この曲は福田さんや松崎さんをよく観てるかな。
 ジャパネスクは、最後、敵の武将に追いつめられて逃げようとしても、上からは自分達の頭に睨まれているので、半ば自暴自棄な感じで向かっていく松松コンビが不憫だなあと観ています。自業自得といえばそうなんだけど、「所詮、駒の一つに過ぎないんだよなあ。」と争いの虚しさを感じる。

 今回のSHOCKで一番感じたのは「コウイチのカンパニーの強い絆」と「光一座長率いるカンパニー、スタッフの結束の強さ」でした。SONGSで井上さんが「ナイツテイル」のカンパニーがみんな同じ気持ちで取り組んでいたみたいなことを話されてましたが、それはSHOCKにも言えることで、毎年メンバーの入れ替わりが若干あっていても、座長の考えはみんなにきちんと共有されていると感じました。特に「夢幻」は全員に「命の燃焼」を感じ、ぐっときました。

 今回は、SHOCK初見の芳雄さんファンの方とご一緒しました。「エンタティメントの楽しさがギュッとつまっている。即日完売もわかる。ショーに生きる若者の設定が光一君にぴったり。2階に降り立った姿が凛々しかった。」ととても楽しまれたようで、こちらもうれしかったです。「堂本兄弟での芳雄君、光一君に失礼なことを言ってたけど、光一君が「怒らずに」ニコニコと聞いてくれてたので安心した。あの人は本当にブラックなところがあるから。」と恐縮されてたので、「ぜんっぜん大丈夫ですよ。井上さんが(あの程度で)ブラックなんてことないです。大丈夫です!」と言ったけれど、信じてもらえなかった。ひろりんさんやふみこさんに話しても「え?どこがブラックだった?」と同じ反応だったので、彼女の中の光一さん像は若干間違ってるかもしれない。(´∀`*)ウフフ

 

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年 2月 4日(月)00時37分57秒
  いよいよ今年のSHOCKが初日を迎えますね。キャスト、スタッフの皆様、大道具・小道具に至るまで、事故なく怪我なく故障なく、無事に千秋楽を迎えられますように!そして、貴重なチケットを手にされた皆様が、雨にも負けず風にも負けず雪にも負けずに無事に観劇できますように!(オマエモナ)
 越岡さんの怪我が早く治りますように!ふぉ~ゆ~、本当に頼りになるわ~。
 

(無題)

 投稿者:CHOCO  投稿日:2019年 1月 7日(月)16時23分15秒
編集済
  新しい年となりました。今年もよろしくお願いします。毎年「今年こそは心穏やかに過ごせる1年でありますように。」と願っても、相変わらずの災害の多さでなかなか叶いませんが、あきらめずに今年も同じことを願いたいと思います。
 年明け早々、TVで光一さんの姿を見ることができてうれしかったし、滝沢さんと今井さんの門出を祝う場に(with 背中の剛さん)ちゃんといてくれてよかったと思いました。
 剛さんの連日のLF更新には及びませんでしたが、光一さんもがんばった。「どうやればこんな写真が撮れるのだ?」みたいなのばっかりでしたが、楽しませていただきました。今年はどんなことが待っているのか、楽しみにしたいと思います。
 とりあえず、まずは12日の電話をがんばるのだ。o(・ω・´o)
 

(無題)

 投稿者:CHOCO  投稿日:2018年10月15日(月)10時30分12秒
  ナイツテイルもいよいよ今日「大千秋楽」を迎えますね。
男性たちはあほ可愛らしく、女性たちはしなやかでカッコよくて、観劇後も楽しくて幸せな気持ちのまま帰途につきました。
お芝居、歌、ダンス、どれをとっても素晴らしく、これだけのすごいキャストが再結集して再演とかできるのかな?と思いますが、もし実現すればとてもうれしい。映像化もされてないし、サントラも出てないし。もったいないよ~。とーほーさーん!!( 」´0`)」
 ほんとなら、「『ナイツテイル』が終わったら、次は『KinKiコン』だ♪」となるはずでしたが、今回はお休みということで。

 昨年12月のコンサートのMCでの二人の話を聞きながら、「ドームでコンサートをする」ことに対する二人のプライド、「コンサート」というものに対する考えとこだわり、「とにかくやっちゃえ」とお茶を濁すようなことはしない意志、そして「コンサート中に不安な気持ちや心配な気持ちにさせたくない」という思いなどを色々と感じていたので、「残念だけどしょうがないかな。」という気持ちはありました。でも、ファンとしては「コンサートでなくていいから、別な形でいいから二人に会いたい。」という気持ちも捨てきれないわけで、「二人の思いと(もちろん全員ではないけれど)ファンの思いには若干のずれがあるよなあ。」とも思っていたのですが、SMGOを読んで、そういう思いもわかった上での決断だったのだなあと思いました。
待ちますよ。2人の思いとファンの思いと、どこかで接点が見いだせるとよいなあと願いながら。
 それから「LF」と「SMGO」で気持ちを伝えてくれてありがとう。本人たちの思いを直接受け取れる場所があって本当によかったと思っています。
 

レンタル掲示板
/23