teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/415 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Finaleのアンケートに応えて

 投稿者:uniri  投稿日:2014年 7月16日(水)06時06分37秒
  通報 返信・引用 編集済
     先日、楽譜ソフト”Finale”(作曲や編曲用の音楽ソフト)の、
ユーザーの会が有り、珍しく行って来た。
それでも"Finale”は楽譜ソフトではかなり良いらしい、とは言われているのだが・・・。
オレッチ老人にとっては、It用語や日々様変わりするVersion up とか、まあ、ついてゆけない所が多々ある、し困っている。
電話サポートも無くなったし、Netでのサポートも、そのやり方が分からずほとほと困っている。
そこで、アンケートなぞ書いてくれ、と言うので、思いのたけを書いた。
まあ、所詮利潤主義の会社だし、望め無いことなのだが・・・。
しかし、りくげい(六芸:まあ洋の東西を問わず)の一つである音楽の道具となるものが、わたくし会社に委ねられているとは、我が国もなちゃけない!!!(のう文部大臣ドノ)

    アンケート返答の一部↓
※(1)Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶ、(分数記号や、小文字も必要)のローマ数字による和音表記の機能が欲しい。これは英語のChord name では個々の和音を理解するには便利だが、調性関係や機能関係(T・S・D)の変移や見比べ(or和声プラン)には適していない(すなわち作曲の学習にはローマ数字の記号が便利<芸大の和声の原理と実習:島岡譲著は世界の和声教科書に成り得る、すなわち数字低音では表しかねない理論的な音楽の必然性を理解できる>)
※(2)作曲用仕様、浄書用仕様、とか(他に、編曲用、教育用、Jazz用、等々さまざまあるが)、用途別に分けてのソフトを開発できないか?、勿論現在のマルチなソフトも重要だが。その個々の目的のため不要な機能を省き、必要な機能が充実していることは大変ありがたいし、機能のマンモス化を避けられ、必要に応じて機能をアプリ的に取捨選択(互換性を持って)できたり・・・出来ないものでしょうか?
※(3)微細な音程の調節機能、これは音楽表現の肝心な個所のHarmonyを充実(純正律傾向へ)させたいため、Harmonyの各音を1セントから数セント単位でその拍だけ個々に動かせたら素晴らしいと思う。
※(4)ボーカロイド?等と呼ばれる言語を歌わせる機能、これは歌曲や合唱曲の音源をサンプル化出来る様にすることだが、現在のボーカロイドでは実際の歌とは似て非なる表現(アクセント等)の感が多くて使えない。

  まだいっぺえあるがね・・・unirin



 
 
》記事一覧表示

新着順:9/415 《前のページ | 次のページ》
/415