teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最高気温6℃

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2012年 1月16日(月)23時58分0秒
  のぶゆきさん

 「おふろ」いいですね。家のユニットバス。小さいんです。僕が入ると、お湯の温度が下がってしまうんです。もっと言うと、お湯の量が少ないんです。量を増やすとあふれてしまうんです。
 それでも「おゆにはいりたい」。

 お蕎麦の“富士山盛り”食べきれなかった50年振りに。その前に、寒さしのぎにカレーうどんを食べていた。

 寒い地域に生活されている方には“何を半端な・・・”と叱られるかも知れない。
 それでも寒い~って言いながら外で働けるんだからありがたい。

 2月の下旬にまた横浜に行くようになりそう。富士山盛に再チャレンジを!なんてね。

 この間仲木戸から、若者一人とおっさん5人で、米軍の補給しょうを襲撃。バーが開いていないので、使わなくなった鉄橋の写真を撮ってUターン。
 神奈川宿あたりに昭和の名残があったりして、いやいや、人にくっついて歩くのも良いもんですね。
 
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:いしいのぶゆき  投稿日:2012年 1月 9日(月)20時13分54秒
  まさゆきさん
土曜日は横浜にご一緒いただきありがとうございます。
たかみどりさんの案内もありとても楽しく過ごすことができましたよね。

アルビノの子供たちには自分の選んだ道を進んでいけるようになってほしいと思います。
カッコつけるのではなく、そんなことよりも自分を信じて前に進んでいただけたらと思います。

もし、迷った時には私たちに相談をして下されば、答えは出せませんがヒントになる事はいえると思います。
それは、知識ではなく経験から来る、知恵です。

お互いに乗り切っていきましょうね。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2012年 1月 7日(土)00時38分36秒
  のぶゆきさん
 今年もよろしくお願いします。

 春とともに、進級や進学の季節。山梨の彼氏は中学校に、千葉の彼氏は高校へ。
 自分らしさを生かすための土台作りのステップですね。
 高校選びも大変、友達情報が一杯。先輩の行った高校もよく見えたり、
 だいたいどのあたりなら・・・などと自分なりに目安も立っている筈。カッコ付けようなどと思うと危ない、あぶない。折り合いは付けなくてはならぬ。

 情報社会学を目指す高校生。あと1年。マイペースで自分の研究目標を実現すべく準備を・・・。

 40年近く前、アルビノの状態にある妹が、学芸大と京大を受験するってんで、受験の際の配慮があるかどうか取材したことがある。内心「タイプじゃねエよなあ」など思いながら歩いた記憶があります。

 結果的には都立大の化学に入った。そうそう、物理専攻の女子大生が“あつまれ・・・」に参加したっけ。
 おなじみ、音大生もいる。

 かく言う私などは、「コンピュータプログラマーなんか良いかなあ」なんて思ったものだけど、手書きでごちゃごちゃ書かなくちゃいけない。理屈は理解できそうだだけど、実務的に厳しい。で、方向転換。

 盲学校時代に“重複障害”を持った友達が、みんなと遊ぶこともせず、夕食を食べるとさっさと寝てしまうのを見ていてつらかった。一方で近所にやはり重複障害を持つ子供の通所施設があった。
 両手に子供の手を引いて、呑気に大きな声で歌いながら歩いてた。
 「いいなあ」と思った。で、明学に入った。バイト料で学費は払えそうだった。
 ただ、今思うと、商業高校で学んだ経験が土台になっているような気がします。施設の業務運営の枠組み作りは大学で学んだものより役に立っていた。コンピュータプログラマーも高校時代の“実習”が元になっていた。

 もし盲学校で針灸師の勉強をしていても“ケアマネージャーをやっていたかも知れない。なんたって、若い頃から腱鞘炎に悩まされていて、長続きできなかったように思う。一般的な“適職”と言われるものでも“適合しにくいものもある。

 食って行かなくちゃいけない。まあ何とかなるから心配ない。
 

年末年始のお知らせ♪

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年12月28日(水)21時47分23秒
  みなさんへ
いつも、白い旅人へお越し下さりありがとうございます。

29日から1月4日まで、おでかけしておりますので、こちらへの返事は5日以降にさせていただきますね。

みなさんより年をお迎え下さいね。
 

メリークリスマス♪

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年12月25日(日)08時57分39秒
  まさゆきさん
クリスマス交流会では大変お世話になりました。
回を重ねる毎に子供たちの成長が見れて私も親になった気持ちです。

アルビノに限らず生きていく事は、いろんな壁に出逢い、それをどう乗り越えていくのか?ではないでしょうか?

自分の力で乗り越える子、友達の協力があって乗り越えられる子、親や親族が協力して乗り越える子、その乗り越え方は、いろいろだと思います。

そのどれも正しいのです。

人生を乗り越えるのに答えはありません、その答えのない人生をどう乗り越えるのか?それが私たちが生きると言う事なのでしょうね。

私の場合は親・友人・恩師・同僚などなど欲張りなので多くの人に助けていただき、ここまで来る事ができました。

いま私に出来る事は交流会や講演会など、人と直接出会いアルビノの子供たちが明るく生きられる様に何か生きるヒントでも伝える事ができたらと思っております。

まだまだアルビノは世の中には知られておりません、ますは難しい事は抜きに「アルビノの知っていただく」という事をしていきたいと思います。

そこから先は、これからの若い世代に引き継ぎたいです。
それまでに基礎の更に基礎になる部分をしっかりと進めておきたいと思っております。

まさゆきさん、どうかこれからもご指導宜しくお願い致します。
 

クリスマス会

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年12月19日(月)17時51分51秒
  のぶゆきさん

 きのうはお疲れさまでした。いやいや楽しかったです。

 お姉さんの歌に
  (2年前には、お茶を受け取る人がいないって、膨らんでいたのに・・・、わあ“お・と・な”

  くるくる回って踊る子

   膝だけぴょこぴょこスゥイングして、歌が終わっても、立ち尽くし、
  我に帰るのに、しばらく“間があって・・・ニコッとした子。

  ビリヤーの玉、見つけてころころ・・・背伸び随分したんできっと背が伸びたに違いない。
  じいちゃんがソファーでのびてたら、隙間に入って“同じカッコしてた”付き合い良いねえ。

   ほどよく、付き合ってくれて、こどもの世界って「すげえなあ」と、いつも嬉しい三人兄弟。
  元“児童指導員”で給料もらってた身としては、“素質”十分と“ニヤニヤ”している。

   「詩人」兄貴。すっかりたくましくなったなあ。おかげで妹も母さんの膝からおりてた。
   兄貴は兄貴でがんばれな。兄貴は結構しいたげられる。
   「おまえ(僕)だけだろう」なんてね。

   高校2年生。「インターネット社会学」を目指してる。
  インターネットで、既存のメデイアの“大本営発表”ではない。自分から他人の意見を求め、
  自分の意思表示を他人にも伝える。そんな“自由”を自分で作り出す可能性を求めているのかなあ”
   社会の不条理から出発するなんてんじゃなくて、
  新しい社会を作って行こうとするところに“良いなあ”と思うのです。
   情報集めは足で歩いて、話しを聞くことが大事だと思います。
  邪魔でなければ一緒に歩きませんか。
   できたら、研究の目的などレポート2000字くらいでまとめておくと良いですね。
  ひょっとすると学部長が会ってくれたりするから。昔の経験ですけれど、きっと今は学生少ないから  可能性大。
   見えないって、まずいこともあるなあ・・・。ご免

  受験生抱えたお母さん
   気が気じゃないですね。最悪の事態は覚悟して、ドーンと受け止める覚悟は必要ですね。
  勝手なこと言えば・・・おこらないでね。14~15の一年間。僕だったら留学したいなあ。
  榛名で働いたらなあ。自信付くよ。どうかなあ、のぶゆきさん。
   大丈夫。健康管理第一。気分的に追い込まれるのは仕方がないけれど・・・
  僕なんかは逆にとぼけて、早寝した。眠れるもんじゃなかった。“馬鹿兄貴だって苦労した。
  母さんがむすこを信用しなくて誰がする。
   マークシート対策には協力したんですよ。これでも・・・

   のぶゆきさんの親子関係だから「ありがとう」って言える。

   僕は言えないなあ。“親に製造物責任はないよ。物じゃねえんだから”くらいかなあ。
  “あんたはあんたなんだから、オタオタすんな”っていつも言ってた母親。
   ひょっとすると自分に言い聞かせてたかも知れないなあ。
  なんたって21才の時の子供だったんだから。




  
 

皆既月食

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年12月11日(日)18時42分16秒
  まさゆきさん
ありがとうございます。
おかげさまで撮影する事ができました。

日記に書かせていただいた様に悪戦苦闘って感じで大変でした。
三脚に引っ掛けるワザをしましたが、それでもずっと押さえていなければならず、あの寒い中を汗かきながら撮影しました。

また機会がありましたら撮影に挑戦します。
これで、またひとつ撮影の幅がひろがりました。
 

月食-いい写真になりましたね

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年12月11日(日)14時51分3秒
  のぶゆきさん

 昨日は撮影中にメールしてお邪魔様でした。
 それにしても、冬の月は小さい上に、ほとんど“天中”なもんだから、頸椎狭窄の首が痛いのなんの。
 あんなに小さい満月初めて見ました。
 のぶゆきさんが、“頭の上”って言ってくださんなかったら、みつからなかった。
 それでも、家からでたり入ったり、皆既食になるまで見てました。
 

日差しが眩しいですね。

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年12月 9日(金)20時36分38秒
  まさゆきさん
ここのところ寒いですよね。
そんな時は、日向ぼっこをして温まりたいと思いました。

ただ、日差しが低いので眩しいですよね。
そんな時には帽子とサングラスをかかさずしております。

プチクリスマス会も楽しみにしております。
また、ゆっくりお話でもしましょう。
 

お陽様が低くて・・・

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年12月 5日(月)19時07分9秒
  のぶゆきさん
 プチ・クリスマス会。いいですね。楽しみにしています。
 毎月集まりというのも大変です。
 去年、マイクさんの撮ってくれた「デブッチョのじいさんの写真」をトリミングして重宝に使ってます。

 さて、今日は自転車で走り回ってたのですが
 「お天道様が低い!」。1日中、目の高さだもんだから、
 完全に背中に背負ってしまえばいいけれど、光の「まわりこみ」でまぶしい!

 危なく、わんちゃんの尻尾をフンズケそうになった。危ないあぶない。

 明るくて、陽を背にしていれば、一番いい。
 陰がズ~とあれば、楽!
 陰がまだらにあると「最徐行」。まだらは良くないねえ。

 さっき、近所の少年がサッカーボールのリフティングやって遊んでた。
 僕の前に跳んで来たんで、足で止めたまでは良かったけれど、足が「つった」。

 お邪魔でした。 
 

大きくなると

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年12月 3日(土)19時20分55秒
  まさゆきさん

交流会も終わりましたが、すでに次の交流会の準備などがありました。

小さな時は、視線も低いので見えないものが多いですよね。
大きくなって私も経験から目の使い方と補助具を覚えたので、ずいぶんと見える様になりました。

アルビノの子供たちにも多くの経験をする中で、目の使い方を覚えていってほしいですよね。
 

大きなブーブー

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年11月27日(日)20時40分8秒
  のぶゆきさん

 交流会無事に終わり、気がついたら腰が痛かったあ!
 なんて事なかったでしょうね。

 僕の方は筋肉痛からようやく解放され、天気もいいので玉川上水のあたりをチョイとお散歩。
 トンカツ定食を“共食い”して機嫌良くお帰り~。

 ぼんやりバスをまっていると、可愛いママと、もっと可愛いチビちゃんがバス停へ。
 ナンッタって、立つと僕の膝くらいの身長。
 ママに手をつないでもらってやっと立ってた。1歳半を少し超えたかなあ。

 そこへ、カラフルなコミュニティーバスが、これまたのんびり通過。

 “大きなブーブー”って体中で指差してた。
 「おおきな」と「ブーブー」の二語文を口まねでなくて、言葉にできていた。
 「すげえなあ」って、ママに言ったら
 「すげえなあだって」に「???」
 彼女の“初めてのバス乗車”なんだそうです。

 見つけるのって難しいけど、なんか見えたあって振り向いたり、耳で追っかけたり・・・
 「可愛いバス通ったね」って、カメラの替りみたいなこと、
 「見えにくそうにしている子に話しかけられるかなあ」。などと思いながら帰ってきました。

  なんたって、身体でかくなると、子供の時に見えなかったものが、今は見えていたりする。
 たいてい「情報」の蓄積や眩しさのコントロールがカスタマイズされているからかも知れない。
 などと、とりとめのないことを考えていた日曜でした。

 
 

お疲れ様でした。

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年11月26日(土)21時59分28秒
  まさゆきさん

先日は交流会への参加ありがとうございます。
やはり、まさゆきさんに参加していただけると本当に心強いです。

子供たちの笑顔、ご家族の笑顔、そして私たちも笑顔の交流会になりましたよね。
また、来年の開催も、いまからとても楽しみです。

そして、アルビノ電車クラブの候補も確実に増えて楽しみですし、音楽関係もかなり楽しみになっていますよね。

もしかすると、近い将来アルビノ音楽祭なんてありそうですよね♪

あと、私としてはアルビノ写真クラブもつくりたいです。
そして、アルビノのみんなで撮影した写真展や、いつかは写真集などもできたらと、大きな夢を抱いておりますよ。

その時には、ご指導とご協力を宜しくお願い致します。
 

相変わらずチビちゃん元気・・・

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年11月20日(日)22時28分12秒
  のぶゆきさん

 千葉オフ会盛況でしたね。ありがとうございました。

 おちびさん達が活発に走り回り、ちょっと照れながらもおしゃべりしていたり、安心しきった表情でスヤスヤ眠っていたり・・・

 お父さんやお母さん、兄弟達がみんなで優しく接していらっしゃる表れだと思います。
いいですねえ。

 鉄道クラブもメンバーがまた増えたようでなんとも心強い限り。

 ひょっとすると音楽クラブが出来たりして・・・

 遊びながら、お互いに話しが楽に出来たらこんなにいいことないですね。
 いけないいけない、写真クラブも作んなきゃねえ。

 神経痛のおっさん。

 
 

お会いできるのを楽しみにしております。

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年11月18日(金)23時41分24秒
  まさゆきさん
今年もご参加いただけるとの事で本当に嬉しく思います。

まさゆきさんの存在が私にとっても参加したみなさんにとっても元気をいただけます。

今年も楽しみましょうね。
 

千葉オフ会楽しみにしてます。

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年11月14日(月)23時00分35秒
  のぶゆきさん

 20日のオフ会参加します。準備が大変でしょう。ありがとうございます。

 一昨年は電車小僧の兄弟に出会って、熱くなってしまいました。
 昨年はお腹が痛くて大変な思いをしちゃったチビさんー大きくなったでしょうね。
 じゃんけんに燃えてたお姉さん。
 絵本に描かれた山の絵を背景に、まめ列車を走らせちゃった2歳の坊や。
 ダイしスケさんとも話しをさせて頂いたなあ。
 etc,etc

  今年も楽しみだなあ

 
 

腰痛

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年11月 9日(水)19時17分2秒
  まさゆきさん
ここのところ、仕事と活動とぎっくり腰でパソコンを開いていませんでした。
まだ、腰も本調子とはいきませんので、長時間のパソコンは控える事にします。

それにしても、160kmとは、よく歩きましたね。
私も出かけると、ほとんど歩いていますので、何キロ歩いているんでしょう?

歩く事は健康にもいいので、お互いに自分のペースで歩きましょうね。

あとHPできらお知らせ下さいね。
私も詳しくないので、HPはやはりマイクさんに聞いた方がちゃんと答えが返ってきますよ。

実は私もいろんな人に聞きながらいままでやってきましたので・・・
 

メールアドレス変わりました

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年11月 4日(金)19時17分44秒
  のぶゆきさん

 きのうはADSLからケーブルテレビにインターネットのプロバイダを変更したのですが、Set upにまたもや手間取ってしまいました。何回もHDのトラブルで、Set upしているけれど“進歩ねえなあ”ってところです。
 それでも何でも、テレフォンサービスの担当者の奮闘もあって、無事開通しました。E-mailアドレスも変更になりました。
 今度はHP開設しようかなあ。その節は助け舟をよろしく。

 明日は半年振りに「けんちゃん」と、府中に競馬見物。その次の週はマイクさんご紹介の“おじさんの鉄道お散歩会”ってな調子なもんだから。おかげで10月は累積で160km歩いちゃいました。
 何故か腰痛もちょっとだけ良くなったみたい。自分のペースで身体を動かすのっていいですね。
 

勘処

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年11月 1日(火)19時32分54秒
  のぶゆきさん

 “ラベルの違和感”
 そうですね。あるんですね。
 いつも書いている“福祉園”での話し。

 “住人の細かい表情など、離れてみていては分からない。”というので、気になる“動き”があると、近くまで行って確認する癖が出来た。
 後で、みんなにからかわれたけれど、デイルームで仮眠している時にトイレに行く人に付き添って歩いていた僕に声をかけたところ
 “返事がない”、次の瞬間、“寝床”に戻って“スヤスヤ”寝ていたらしい。
 「なんとまじめな」ことよ。
 まじめと言えば“散歩”。往復5kmくらいは歩いてしまうんだけど、
 その途中、病院の横をタクシーが“通路”に利用している横丁があって、要注意地点。

 歩道が広いので5人くらいで横に並んで歩いてた。
 音が聞こえたとか、タクシーが見えたわけじゃなくて、
 “危ない”って、左手を出して横の連中を制したつもり。

 2人横のTちゃんがぶつかった。僕の手に。
 びっくり顔で“全然気がつかなかたあ”
 横丁から出て来たタクシーもぼくらの前まで来て止まった。

 僕だけニヤニヤしていたのを思い出した。

 なあに、若いうちは何やってもうまく行かない。
 たまにうまく行くと調子に乗ってひんしゅくを買っていた。

 苦手なことも“何とかしよう”と思うと、時間は要るから、じれったいこともあるけれど、
 時間が経つうちに“勘処”が分かって来て、自然に身体が動くようになる。

 ちょこっと、うまく出来ると“ほっと”するけれど、
 “ゴソゴソ積み上げたものって宝物になる。」と、思う。

 ““見なきゃ、見えない”。もちろん、音や匂いや、勘を含めてのこと。

 「面白そうだけど、うまく行かないかも”などと言わずに“ゴソゴソ”やってみるっていいかもしれない。

 ジオログののぶゆきさんの話し。元気が出ました。
 
 

11月20日に会いましょう

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年10月31日(月)21時23分38秒
  まさゆきさん
おかげさまで、無事に帰ってきました。
高岡とてもいい場所でしたよ。

今度、是非行って下さいね。

交流会も直接お会いする事の大切さをあらためて時間しました。

11月20日の交流会も、いまからワクワク楽しみです。
また、みなさんに人生経験を伝えて下さいね。

こうして、これからの基礎が出来上がる時に、ほんの少しでも関わらせていただけることを嬉しく思います。

私は基礎の下の、基礎を支えるゴロ石でいいです。
これからも頑張りましょうね。
 

実は・・・

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年10月25日(火)23時29分21秒
  のぶゆきさん
 高岡のあつまり,盛会だったようですね。何より,逢って言葉を交わして、
 出来たら,お互いに思ったことを率直に言葉にして,
 違っていようが,ずれていようが、お互いの言葉を,掛け値なしに大事にし合えたら良いですね。
 いやいや、そこにいるだけでも十分ですもんね。

 そんな仲間が1組、1組出来たらなあと思います。その土台作りに走り回っていることにありがたいと思います。

 それにしても雨晴は良いロケーションですね。行かなくちゃ。
 路面電車の万葉線。赤い“イモムシ”も走っているようですね。
 運転手同士,ウォーキートーキーを使って“安全確認”して単線運転やってる。
 そのやり取りも“軍隊調”でなくて,おだやか~な調子でやっている。良いですねえ
 それに,高岡から白川郷は気がつかなかった。高山周りは常識ですけれど,さすが“白い旅人”
 “フーテンの寅さん=私”も「あれ~」です。

 11月の20日。あ邪魔します。
 アクアライン経由だと木更津から100km身障手帳使えば2000円で周遊ルートが出来る。総武・中央線の三鷹-千葉の全線走破か、大江戸線・都営新宿線を無料パスを使って片道580円で行こうか,それとも京成で更に20円OFFってのもあるなあ。西武線-大江戸線-浅草線-京成線もあるなあ。

 と,“何しにくるの”など言わない言わない。今週も始まったばりで惚けてまんねん。
 

まだまだですよ♪

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年10月21日(金)20時46分21秒
  まさゆきさん
素敵なコンサートに行かれてきましたね。
私も能を見てきました。

音楽っていいですよね~♪
歳も関係なく、むしろ経験を積めば積むほどに味わいのある音色がでますからね。

私もまさゆきさんのように、あじわいのある人生を歩んでみたいです。
 

おっさん達のジャズフェスティバル

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年10月17日(月)19時47分43秒
  のぶゆきさん
 “東京JAZZ2011”のライブを見ました。
 のぶゆきさんが注目されていたピアニスト“上原ひろみさん”。ジャズのチック・コリアに見いだされ,スタンリー・クラークのバンドに加えられて,“元気印”。ピアノが弾けて弾けて“どうにもならない様子。
 今回もアンソニー・ジャクソン=太っちょのEベースの達人を従えてピアノと一緒に跳ね回っていた。一方でタップダンスとの競演。アメリカのジャズピアノの原点みたいなことまで軽々とやっていた。
 「いいねえ」

 一方,もう一人のやや年上のバイオリニスト、寺井尚子さん。こちらもフランスのアコーディオンの達人リシャール・ガリアノと競演。
 ガリアノさん、本来ジャズトロンボーン奏者。ポール・モーリア楽団と来日ステージを踏んだことがある。
 随分前、ヨ-・ヨー・マの演奏でヒットした“リベル・タンゴ”を演奏などなかなかに華やか。

 僕のアイドルの連中。フルートのヒューバート・ロウズ。確かに音はヒューバートなんだけど,随分大きなじいさんが吹いている。“誰だろう、サングラスかけていて,レイ・チャールスみたい。最近まで太さ半分だったのに。
 “あのくそ重いテナー振り回して,懐かしい音出している,でっかいじいさん誰だろう”“トム・スコットに似ている”・・・本人だった。

 リー・リトナー、ジャクソン、ガリアノ、スコットみんなほとんど同年。そうかあ,僕もじいさんになったんダア。
 でもみんな良い音出している。鏡を見ずに頑張ろう・・・なんてね。
 

お互いに気を付けましょうね。

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年10月 5日(水)19時14分29秒
  まさゆきさん
私もつい変換を間違えてしまいます。
かなり気をつけて何度も読み直しをしても、後で見るとあったりします。

確かに同じ言葉でも漢字ひとつで、意味が全然違う時がありますからね。
お互いに気を付けましょうね。
 

いえね。大雑把なのです。

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年10月 2日(日)10時34分5秒
  のぶゆきさん
 毎度お邪魔です。

 弱視の人がみんな同じという訳ではなく,仕事の時とオフとの落差が激しくて,言葉足らずで“落語?”、変換違いに勘違い。
 どうにもお恥ずかしい限り。“表示”を拡大すれば“なんて事ない”。昔に比べれば“機能”が驚くほど良くなっている。おおちゃくしないで書かないと,誤解の種になってしまいますね。

 お邪魔でした。

 
 

ありがとうございます。

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年10月 2日(日)07時34分10秒
  まさゆきさん

いよいよ私たちにとって過しやすい季節の到来ですね。
この日をワクワクして待っておりました。

誤字脱字は私もよくやりますが、どうしても私たちの場合は何度も確認作業をしても、なぜか?誤字脱字が出てくる事がありますよね。

気を付けていてもなってしまいますので、更新してからも何度か確認が必要ですね。

その事も含め弱視と言う事の大変さも読んでくださるみなさんに知っていただけたらと思います。
 

あちこち修正

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年 9月29日(木)23時01分24秒
  のぶゆきさん
 毎度お邪魔です。誤字が多くて恐縮の限り。
“機能の続き”は昨日の続き。
“創業者”は創業者の一人”
“発注者が・・・”は“続けて仕事が継続されて,日常生活の中で安定した仕事を確保することに主眼をおいていた。”に訂正。
工賃ははっきり覚えていないけれど,2年に1回程度は,物価上昇分ほど値上げしていただけました。
YO君など,“給料袋”にお札が入っていても“???”100円玉10枚にすると“うん”って納得。早速前の酒屋さんの自動販売機で“ジェジェポン”って,コーヒーグビ~っ。厳つい顔にエクボでした。
 彼,僕と二人で散歩に出ると,誰ともなく“行ってらっしゃい,帰ってこなくていいよ”に“やあねえ”って冗談通じる。言葉はほとんどでないけれど,“劇団四季の“題名忘れた・・・」座敷童の話し。ジスチャーであらすじ話せて,聞いていた連中に伝わった。
 仕事でもミュージカルでも本物は誰にでも生きて伝わることを教えてもらった。
 

機能の続き

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年 9月28日(水)20時49分31秒
  のぶゆきさん
 まいどお邪魔です。

昨日のつづき
 発注元は,係長が以前いた職場でお世話になったA商店、怖そうな専務(女将さん)が、窓口になってくださった。数も少ないので,運搬もこっち持ち。片道35kmあるので,半日仕事。
 運転、営繕など現業の方が4人いて、若い連中の“おねだり”をアドバイス付きでフォローしてくださった。
 作業量  80,000膳/月
 作業時間 1.5時間×8/週
 参加人員 利用者だいたい7~8人、職員3~4人(職員は勤務軽減車などが中心)/回

 案ずるより・・・はこのことで,先出のM君、Kちゃん,「オ~怖っのM子さん,Yちゃん,Yさんなど作業量は職員とほとんど同じ。
 寝具屋のSちゃんなど,袋が破れるのが嬉しくてブヒャヒャとご機嫌。O君もたまに袋は破ってしまうけれど,無心に作業していた。
 ともかく男子の連中にとって,静かな時間が出来ていた。
 僕などは“創業者”でありながら,やっぱり外回り=散歩屋。在庫管理など裏方ばかり。20年以上続いた。

 これも、作業所の公園掃除をみていて、施設利用する人とスタッフ,つまり,指導される人と指導する人という風に施設内の都合にとらわれず、発注者が続けて仕事が出せる環境づくりを主眼においていた。
 そんな立場を職場のみんなが支えたことが、そして管理職が“枠にはまらないこと”をなんとか形にしてくださった。生活のの軸に育てた。なにより“知らないことでも,力を発揮できた底力”を期待したスタッフの柔軟性にあったと思う。

ではまた。
 
 

割箸袋入れ作業

 投稿者:まさゆきメール  投稿日:2011年 9月27日(火)21時09分33秒
  のぶゆきさん

 急に涼しくなってきました。
 この間、小田急線に乗って、代々木上原に差しかかるところ、
 小田急の特急が地下鉄の潜るところ,
 新型16000系が駅に到着するシーンがみられて、“会長”などはわくわくしたに違いありません。

 さて、以前勤務していた生活施設の“割り箸袋入れ作業”
 生活をどう組み立てようか・・・
 何か出来ることないか・・・
 身の回りのこと,介助を要するし・・・
 散歩だって,大変・・・近所の人たちも、
 “みんな真剣に,緊張してやってる”と心配顔で見守ってくれている。

仕事
 Kちゃん専売の湯のみ配り、湯のみを指先ではじいて音で“見分けている”

 M君専売のゴミ捨て,厨房の裏まで,壁も触らずてくてく歩いて行く。ゴミバケツのたわしを使って丁 寧に洗って干している。

 Sちゃん独占“寝具運び”。彼少し見える。けれど聞こえない。小柄。
 彼に撮って,5kgくらいある寝具の包み。彼本来“遊び人”あまり仕事するタイプじゃないけれど。
 “はまってしまった”

 職員と一緒にやっていた“仕事”はすぐに独立開業。
 試してみるものですね。

 お決まりの“陶芸”なども,こなす連中が出てくる。

 となれば
 稼ぎたくなる。というより,当時は内職仕事が結構あって,毎日,連続して,できる仕事
 となると,工賃が付いてくる
 とはいえ
 どんな仕事・・・

 最初は近所の作業所の手提げ袋作り。
 作業所の親玉が,僕の同級生
 「不良品”が出せないので神経使ったけれど,“結構売り上げが合った。
 “稼いじゃいけない更生施設”管理職からクレームがつく。

 1、2年生職員のこと“起案も何もあらばこそ”“そんなもん知らん”

 そこは“やんちゃ坊主にお姉ちゃん”を預かる係長。間に入って“丸めてくれる”ありがたい。

 で、“割り箸”に業種替えと相成りました。

 草臥れた。またお邪魔します。
 

お疲れ様でした。

 投稿者:のぶゆきメール  投稿日:2011年 9月20日(火)21時37分48秒
  まさゆきさん

フィルムの一眼レフは確かに難しいですが楽しいですよね。
もし、宜しければ6x7をお貸し致しましょうか?

いまカメラが増えておりますので、言って下さればお持ちいたしますので遠慮なくおっしゃって下さいね。

次回の荒川線も楽しみですよね♪

そして、アルビノの子供たちの成長もとても楽しみにしております。
 

レンタル掲示板
/46