teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:255/1378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

普通の赤ちゃんと基本的には同じですよ。

 投稿者:まさゆき  投稿日:2012年 5月21日(月)11時08分15秒
  通報
  のぶゆきさん
 昨日も忙しかったようですね。

 「あつまれ~」参加の三兄弟、兄貴2人が自由に遊びながら末っ子を「目の縁で追っていた」おかげで自在に動きまわっていた。ありがたい。
 父ちゃん、後ろで見守っているけれど,自分からちょっかいださない、動かない。
 母ちゃんは「子供たち忘れて」って分けにはいかないかも知れないけれど,話に夢中になれたと思う。

 そんな機械WP若いスタッフで作っていることに敬意を表したい。

 前回笑い声が出ていて,「やったんねえ」と思ってた2細胞や
 「さよなら」かな、僕は耳が悪くてうまく聞き取れなかったけれど,やっぱり言葉を溜め込んでいたなあ。
 言葉の貯金をいっぱい貯まって来たんですね。

 僕は自分の子がいないので「勝手なこと言うな」と叱られるかも知れないけれど,
  「子育てはドジの連続だ~」と思うんです。

 「自分のせい」と思う。一生懸命善かれと思ってしたのにうまくいかないことだらけになっているように思ってしまう。一つひとつ気にやんでいては「暗くなる」

 でも、子供はお母さんやお父さんの気持ちに反応してしまいがちなんです。

 話を難しくしてしまうと迷路にはまり込んでしまう。

 子供によっては,「嘘でもいいから、父ちゃん母ちゃん元気じゃなくちゃいけない」。
 元気なら,子供も実力を発揮する。

 まして,取り越し苦労は「不安」な気持ちと「特別な」立場に自分を追い込んでしまう気がします。

 身体障害者福祉法が「自立支援法」になり、さらに看板だけ書き換えたようなものになし崩しに変わってしまう。そんな知識は不安の元になるように思うんです。

 「子供を育てるのは人」。なんだと思います。

 「・・・の親」なんて自分で冠を冠ってしまうことはないと思うんです。
 そのことが本人によって「うざったい」だろうと思います。

 親元を離れた高校1年生も参加しました。なかなかたくましい。寮生活で規制がいっぱいあるだろうに、「自由」を満喫しているように見える。
 なかなかたくましい。帰りなどは,3年の先輩を置いてさっさと街に消えて行った。夕食までは帰ったとは思うんですけれど・・・。2食目を食べにかなあ。

 毎度お邪魔でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:255/1378 《前のページ | 次のページ》
/1378