teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:270/1378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

師範が見えな

 投稿者:まさゆき  投稿日:2012年 4月11日(水)10時11分1秒
  通報
  のぶゆきさん
 「朗読テープ」懐かしい。僕が千葉点字図書館でバイトやってたときには,オープンリールの5号を四角い金属製の箱に入れて発送してた。今思うと発送記録がなかったかなあ。今はダウンロードかなあ。
 点字の本なんぞは,キャンバスの鞄にせいぜい3冊。点訳をやっていらした京成電車の乗務員の方が遊びにやって来て「与太話」をして行ってくださった。「まじめ」が服着て歩いているような職員ばかりだったので「救いの神」だったことを思い出しました。
 夕方,学校に向かう途中。幕張ー津田沼間は、総武線の上り電車と、京成線の上り電車が、なぜか並走するんです。「競争」を楽しんでいるように・・・。

さて,師範が見えない。
 多分、インストラクターの動作のコピーがやりにくい。ということだろうと思うにですが・・・。

 ここで,僕とのぶゆきさんの「大きな違い」がある。
 僕は母親のサポートが一番の仕事と思っていることには間違いがないのですが,そこらは共通点があると思います。
 ところが,「ドジ」なところも見ている。そればかりか「公言してはばからない」ところがだいぶ違うかも知れない。

 幼稚園のイベント。苦手な「おゆうぎ」
 練習のときには一斉にやってしまうので「わかんない」
 本番のときには「隣の友達」のを「丸写し」で「乗り切った」のに、
 母親が言ったもんだ。
 「ちゃんと前向いてやれないの」
 「ガガガ~ン」「このくそばばあ(当時26歳)」と心の中で叫んだに違いない。
 本当ですよ「棒立ちにならないで済んだ」と今でも思っているのに。
 絶対の「味方」だと思っている母親に言われるとショックは計り知れない。

 かわいいから「うまくやってほしい」気持ちの裏返しなんだってことはちびでも理解できる。
 でも「言っていいこと悪いこと」がある。

 ともかく,これは苦手すぎてアイデアがない。
 ただ、運動会のフォークダンスは前のやつのコピーで(自分では)何とかなったような気がする。そうペアの女の子が声をかけて教えてくれたりするから,照れくさいけれど「ニコニコしてた」と思う。もちろんアテが外れることもある。
 高校の時は,応援団で友達が「特訓」してくれた。「いいもんだなあ」って気がついた。
 「自立」するには親に反発するところから始まるんだろうなあ。「反抗期」ーしてみると,第1反抗期が3歳くらいとすると僕は2年くらい遅いことになる。

では、また
 
 
》記事一覧表示

新着順:270/1378 《前のページ | 次のページ》
/1378