teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:272/1378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

昨日の続き

 投稿者:まさゆき  投稿日:2012年 4月 9日(月)14時55分31秒
  通報
  のぶゆきさん
 花見はどこでしましたか?

・トラック競技ではラインが見えにくい。
 そうなんです。
 ーラインが引いてあってどうして難しいの?ー
 難しいんですね,これが
思うに
 1、お日様に向かって走るコースだと「前が見えにくい」ーだからラインもへったくれもない。ー
   回れ右でコースの向きを変えるとまあなんとかなるかも。
 2。コースが「アンツーカー」だとほとんど問題ないかも知れない。
   コースとラインのコントラストがはっきりしているため。
   国立競技場のグランドを踏んだことがある。スタンドが壁になったりして,走りやすそうだった。
   学校で「体育」をやって子供の力を伸ばそうとするなら,
   運動場の設計基準にもっと釜会配慮がいるのではないか。
 3、ラインを気にするとなぜか「ラインに引き寄せられてしまう」のです。
   前方を見ていないと走れたもんじゃない。
 4、走り慣れると走る姿勢が安定して,まっすぐが知れるようになる。

 注,もし走ることが好きだったら,遊びの中で「練習」する機会ができるといいですね。
  授業中ではチャンスが少ない。

   集団でのプレイはそれなりに時間が取れるが,個人競技は「メニューだけ」になってしまう。

  「うまくやる」ことよりも
  「もっとやってみたいなあ」って特性探しみたいなところを,
  本人も指導者も分かって上でアプローチしてほしいところです。

  「ルールはルール」だから、うまく行かなくても「トライする気持ち」を養ってもいいように思いのです。

  「みそっかす」は小学校に入ったときに卒業した筈だ。
 
 
 
》記事一覧表示

新着順:272/1378 《前のページ | 次のページ》
/1378