teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


教えてください 2

 投稿者:インテグラ  投稿日:2015年 3月29日(日)08時49分42秒
返信・引用
  ゆゆり様 夢勝見様

横浜のインテグラです。教えてください2。
こちらも暖かくなり花菖蒲の新芽が出できました。鉢の雑草をまめに取ってじっくり開花までの作業を進めております。
ここで質問です。株分けをした鉢ですがが隔年で蕾の数が異なります。土も毎年新しいものを使用し株分けしております。生き物なので仕方ないものなのでしょうか。毎年定期的に蕾の数を数えています・・・。今年は多分少ない年なんですよ。
よろしくおねがいします。
 
 

ありがとうございました

 投稿者:インテグラ  投稿日:2015年 1月21日(水)19時58分10秒
返信・引用
  ゆゆりさん。
たくさんの情報ありがとうございました。今年もたくさんの花菖蒲を咲かせられるように頑張ります。大船のフラワーセンターは自宅からも近くなので展示会、また、勉強させていただきます。ありがとうございました。
 

インテグラさんへの回答に相槌

 投稿者:夢勝見  投稿日:2015年 1月19日(月)20時17分28秒
返信・引用
  ゆゆりさんの回答に同感です。  

Re: 教えてください

 投稿者:ゆゆり  投稿日:2015年 1月19日(月)18時39分55秒
返信・引用
  インテグラ さんへのお返事です。

花菖蒲育てを楽しんでいらっしゃるご様子、愛好家として大変嬉しく思います(^∇^)

夏場の肥料のことですね。一般的な栽培管理をご紹介します。

まず、鉢植えとのことで毎年花後に株分け植替をされていらっしゃると思います。
そのまま腰水かたっぷりの灌水で夏越しさせ、8月の下旬頃朝夕ちょっと涼しくなった頃から肥料を始めます。その後9月10月と1ヶ月毎に3回肥料をやり肥培します。肥料は化成でも有機でも。

冬の管理ですが、葉が枯れ休眠に入りましたら水はさほど必要としません。雨でじゅう分ですが、乾燥するようならあげて下さい。
霜柱が立ち株が持ち上がるようなら、藁や不織布などで覆うか軒下に置いてあげるといいと思います。





 

教えてください

 投稿者:インテグラ  投稿日:2015年 1月10日(土)18時39分49秒
返信・引用
  花菖蒲のことならなんでもOKです。と書いてあったので質問します。

私は横浜に在住です。花菖蒲を五年ほど前から鉢で育てています。現在は、株分けをして20鉢くらいになりました。毎年、花が咲くのを楽しみかつ綺麗に咲かせるため努力しております。

ここで質問です。夏場の肥料のやり方がわかりません。咲き終わった後に行うほうがよいのか、咲き終わりは、株にとってもかなりの負担があるため涼しくなったころに行うほうがよいのか。お願いします。

また、冬の管理は受け皿に水を張って土を乾かさない泥土にしたほうがよいのかもお願いします。
 

花菖蒲園栽培管理研究会

 投稿者:ゆゆり  投稿日:2014年12月 9日(火)08時02分32秒
返信・引用
  日本花菖蒲協会主催の第2回花菖蒲園栽培管理研究会が開催されます。第1回に参加させていただきました。
日本では、四季折々の花や風景を愛でる素晴らしい慣習があります。春の桜、梅雨時の紫陽花、花菖蒲、秋には菊や紅葉、冬には椿、牡丹など。それらを「見に行く」こと、江戸時代から現代に続く素敵なことですね。
昨今では、その様子がネット上の「ブログ」で、写真と身近な文章でリアルタイムで紹介され、所謂、クチコミとして広がっていってます。私も花好きの一人として、ブログの中の花々や風景を楽しみ、それを参考にお出掛けの計画を立てたりします。
こんな時代ですが、「見せる側」園の管理者の皆様は、園のレベルの維持にご苦労の日々とのこと。温暖化による気候の変化、長年の栽培の中での病害虫の問題。私ども趣味家でも感じることですが、プロの皆様にとってはどれ程深刻な問題かと想像いたします。
花菖蒲園栽培管理研究会では、寒い北から、酷暑の関西から、実際に管理されてる方々が集い、専門の先生からの疫病や栽培管理の情報を得、ご参加の方々同志の情報交換がなされ、趣味家の私にとっても大変勉強になる貴重な時間でした。
第2回も参加し、再び勉強させていただくつもりです。会場で、多くの皆様と過ごせますことを願っております。
 

花菖蒲園栽培管理研究会

 投稿者:夢勝見  投稿日:2014年11月24日(月)06時42分58秒
返信・引用
  本年2月に第1回花菖蒲園栽培管理研究会に参加しました。全国的に広がっているハナショウブ疫病についての専門家による説明と対策、さらに花後の植替換えや施肥を含めた花菖蒲園の年間栽培管理の話等大いに参考になりました。出席者も北は北海道、青森、南は大阪と広範囲に亘っており、参加者は全員充実した気分で帰られたようです。来年1月にも同様の研究会が開催されるようですので、花菖蒲園の栽培管理に当たっておられる方には参加をお勧めいたします。なお、懇親会もあり全国的な情報交換の場ともなるようです。  

2倍体シャガ種子

 投稿者:夢勝見  投稿日:2014年 8月10日(日)10時31分8秒
返信・引用
  2倍体シャガの種子が若干取れましたので、先着2名様に差し上げます。
協会事務局までご連絡下さい。
 

舞扇

 投稿者:よじろう  投稿日:2014年 6月22日(日)21時30分20秒
返信・引用
  最後に咲いた舞扇。

これで今年もお仕舞。
 

越後獅子

 投稿者:よじろう  投稿日:2014年 6月22日(日)21時26分57秒
返信・引用
  我が家も花菖蒲は終わりです。

昨年の展示会でゲットした越後獅子です。
 

レンタル掲示板
/25